スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年01月10日

WoodLand & DPM etcetc...


今回は主にタイ・フィリピンの衣類の紹介。

一着目は、冒頭の写真。水色のペンキついちゃってるのが残念っちゃ残念ですが、米軍の供与品のWL戦闘服です。

タグです。袖は通してませんが、サイズはS-Rですね。Sでもがんばれば着れるくらいの体系にはなりましたが、それでもきつい。


続いてこちら。空軍のウッドランド戦闘服。パッチがいろいろついてます。

詳しくはこちら。迷彩服ですし、ライフル隊のだと思うんですが、一応第46飛行隊の物です。

部隊章もしっかりついております。

上記WL2着は、チャーリーさんで購入。


続いてはこちら。
フィリピン陸軍のDPM迷彩服です。前もDPM持ってましたが、手放してしまったので再購入。
当初、空軍DPMということで購入しましたが、AFPは別に空軍という意味ではありません。よくよく調べてみると陸軍の服でした。
Air Force of Philippineではありません。Armed Force of Phillipineです。ちなみに、判断基準は階級章ですね。
現用だと左胸に所属徽章が配置されるようです。左胸に「ARMY」や「PHIL.ARMY」、「AIR FORCE」とかのパッチがついてるようですが、まれにみるのが右胸に「AFP」、左胸にネームパッチがつく物です。これについてはどう違うのかまだよくわかりません。年代によって違うのかしら・・・?

この服はコレクター仲間に譲っていただきましたー。


もう一着、お友達であるフロレス君が営む「ガラナファクトリー」にてフィリピンのDPMをゲット。ズボンだけですが。
これはよく見る典型的な陸軍デジっぽいですよね。色もはっきりしています。上記のもこちらもリップストップ記事です。
過去持っていた物はもっと色が濃かったですね・・・ぜひ再び入手したいです。金銭難になることも減りましたし。


こちらは、フィリピン海兵隊の服です。
左は、フィリピンリーフとか呼ばれる海兵隊のリーフ迷彩服です。海兵特有のパッチが左胸ポケット上についています。
右も海兵隊のファティーグです。同じデザインのパッチがついてますね。

こちらもコレクター仲間に譲っていただきました。

今回はこんなところですかね。
次回は、まさか手に入ると思ってなかった衣類と、小物、装備系です。



  

Posted by みむ@にっしー at 00:21Comments(0)Break  └Navy&MarineCorps  └AirForcePhilippines

2015年01月15日

Made in Philippine HOLSTER


みなさんこんばんは。手に入れた物をいつまでも紹介せずにため込んでいた結果・・・


東南アジアコレクションが5か国になりました!左からベトナム・インドネシア・フィリピン・カンボジア・タイです。いやぁ、これで残すはマレーシア・シンガポール・ラオス・東ティモール・ブルネイダルサラーム・ミャンマーですね。シンガポールは現状アテがあるのでいいんですが、残りの国の難易度が高すぎる。特にラオス、東ティモール、ブルネイの3か国はアテもないし放出される保障もない、難易度激高です。

 さて、今日はそんな東南アジアの諸島国、フィリピンからタクティカルギアの紹介です。とはいっても、何かのレプリカなんじゃないか?と思われても仕方ないナイロンの塊です。


 ホルスターです!冒頭の写真はPNP-SAFの写真ですが、レッグホルスターが同じ物ということに気づきましたか?
 冒頭の写真ではM9らしき物が刺さっていますが、僕はガバを差してみました。調節の幅が割と広く、M9は使用例があるのでもちろんの事、みむの手持ちではガバとグロックが刺さりました。割と何でも行けるかもしれませんね。


 カイデックス品と違って、確実な保持の難しいナイロンですが、二重三重のロックで確実な保持を目指しています。レッグバンドの内側にズレ防止のゴム張りはありませんが、バンド2本で揺れを防ぎます(実践投入したことないのでまだわかりませんが・・・)。


 ナイロンホルスターに必ず使いにくいマグポケットがついてますが、なんとこのホルスターはマグポケット、3つもついてます!このことから、僕は勝手にミツポケホルスターと呼んでます。


PH-SEALでも使ってるっぽいので、そのうち目指してみようかと思ってます。尚、若干古い柄ではありますが同柄で縦縞のタイガーは入手済みです。
  

Posted by みむ@にっしー at 00:45Comments(0)Philippines

2014年10月17日

New BDU!!


みなさんこんばんは、みむです。今日は、最近手に入った新しい服を紹介しますよー。

冒頭の写真でお分かりなかたもいらっしゃると思いますが、フィリピンとカンボジア、そしていつものタイの物が追加されました。続々と増える東南アジアコレクション。



まずはこちら、フィリピン陸軍のDPM迷彩服です。合わせて同柄のリグとハットも入手しましたので、写真でよくみる感じの軍装ができるようになりました!

マガジンポーチが左右合わせて6個、各個がダブルマガジンポーチになってますので、合計12本もSTANAG系マグが収容できる鬼畜仕様。
背中のバッグは超絶使いにくいです。



続いてこちら、フィリピン国家警察特殊活動部隊(Philippine National Police - Special Action Force)の最新型デジタル迷彩服です。結構貴重なものだと思われます。
パッチこそついてないものの、フルベルクロですw
ポケットのフラップ一つ一つにベルクロが仕組んであり、かえって使いにくくなってるような気もします。さらに面白いのが、

この変わった形のパンツのポケット。何重なのよ・・・。


こちらの写真で着られてる物と同じでしょうね。パッチ、手に入るのかしら・・・^^;


昔っからPNP-SAFは変な柄の服を着ていますが、こちらも手に入ってます。チョコチップ迷彩ですね。カラーは5色かな?

これはSAFじゃないかもしれません。まだ研究段階ということで、お許しくださいませ^^;


ちまちまカンボジア物も集めておりましたが、この度ウッドランドを手に入れました。早いところOD色の服を手に入れたいです。KNLAとかが着てるやつ。
カンボジアも着てる迷彩が異常に多いですからね・・・集めるのが大変です。次はデジタル迷彩あたりを狙っております。

着用例。米軍物になれていると、ウッドランドに肩エポーレットがついているというのに違和感感じますね。
この写真、911パラコマンド部隊かしら?パラコマも将来的にやってみたい装備ですね。


国章や軍章がついてる服を並べてかけてみました。なんだこの光景・・・w


続いてこちら。タイ海兵隊の古いHBTジャケット。念願でした。同じ生地、柄のパンツを持っておりまして、パンツだけ手に入ってしまったなぁと悩んでいたのですが、手に入って良かった!

海兵隊おなじみの横付け階級章。3等軍曹の物ですね。
つやのある生地でネームタグが作ってありますので、そこまで古くないかもしれません。80年台後半~90年台かな?

今回はごっそり紹介しました。
東南アジア軍装は僕の永遠のテーマですから、これからも頑張っていきたいと思います。
次はギア部門かな。ベトナムのリグとかありますので。

あーベトナムの迷彩服が一着もないなぁ・・・リーフとか欲しい。




  

Posted by みむ@にっしー at 23:28Comments(0)CambodiaPhilippines