スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年02月12日

"HAMA" police started.

このブログ始まって以来、軍装じゃないミリタリーコスチュームを紹介したことは2回しかありません(たぶん)

MGS3のGRU兵のコスプレと、CoDMW2の雪原ロシア兵のコスプレをしたとき。両方ともゲームのコスプレでした。
広義でコスプレというと、架空・創作・実在すべて含めて、その世界の格好を真似、扮する行為のことをいうそうですが、僕の場合は狭義のコスプレ。すなわち、本来の「漫画やゲーム、アニメに登場するキャラクターになりきること」といった意味のコスプレを、かつて2回ほどしたことがあるということになりますね。

さて。架空の世界のコスプレを、また新しく始めようと思っております。どうしてここまで「架空」というワードを押すのかといいますと、今回始めるコスプレが架空の「警察」であるという点があるからです。非常にキワどい。

タイ軍装のお友達、yohさんが考案された「横浜市警察」というLEの一ジャンルを初めて見ようかしらと思っております。

・・・というか、装備を集め始めてるのでもう始めますw

非常に面白いアイデアですよね。yohさんのブログ、「横浜市警察本部」の紹介文を引用させていただきますと、

>欧米では警察官も軍人もタトゥーを入れている人を多く見かける。
公務員の中でも規律の厳しい軍や警察と、(日本人からすると)アウトローなイメージのあるタトゥーが当たり前に結びついているのがなんとも面白い。

一方日本ではなぜ公務員は刺青を入れないのだろうか。
もちろん現代日本では刺青といえばヤクザ・アウトローのイメージが完全に定着しているからだ。
しかしヤクザが入れているような「彫り物」はルーツを辿れば江戸の火消しなどが入れているものだった。
血の気の多い江戸の火消しは博打や喧嘩でトラブルを起こすことも多かったと思う。
清く正しい者ではなかったろうが、しかし命懸けで街を守るヒーローであったことは間違いない。

それでは街のヒーローが彫り物を入れる文化が現代に残っていたらどうだろう?
警察官や消防士がガッツリ彫り物入れてたら面白いんじゃない?

(引用終わり)
という発案の元、出たアイデアがハマポリなのです。
まぁ日本の警察官の制服でタトゥー入っててもあんまりかっこよくないので、欧米LEではやっているような私服+SGのプレキャリ、みたいなLE風装備を身にまとった状態ならどうか、ということらしいです。

なので、今までハマポリをやっておられた皆様はジーンズにSGプレキャリ、などのパターンが多いようです。

また、今度「YKPD」という文字の入ったレイドジャケットができるそうなので、そちらを着るのもよいのかな、と思います。ちなみにわたくしは注文済み。

そして、これも架空装備の醍醐味であるとは思いますが、自分の装備・キャラクターに設定を設けるというのも一つ、楽しみですよね。

僕も設定を設けて、キャラの背景などを決めていけたらよいのかな、と思います。久しぶりに、創作意欲が沸いておりますw

こちらが、みむが組んでみた装備。

BASE: JPC 2.0 SG color
Front
Tasmanian Tiger "Phone pouch"
Leather man "WAVE"
Zebra "makkii gokuboso"

Back
SENZIN "Roll up dump pouch JSDF"

Cummer band
HSGI "Multi purpose pouch small"
SENZIN "Multi purpose pouch JSDF"

Shoulder band
HSGI "Shoulder pad"

写真には写っていませんが、
Tasmanian Tiger製 Medical waist bagも採用予定。
職業柄、手元においておける物が少ないため、拳銃やベルト装備などはまだ実家ですが、一応Serpaホルスタ-を利用してM36を携行しようと思っております。警棒や手錠など、警官に必要不可欠な物を一切持っておりませんので、それはこれからですね。

自衛隊迷彩の物が2つ、含まれているのに気づいたでしょうか。
これは、着用主(私です)が元「陸上自警隊(オカジョウジケイタイ)」の隊員であることから、昔使ってたポーチがあってもいいんじゃないか?というキャラ設定に基づいた物で、
「持ってた物をこのさいだから使っちゃおうぜ」
という貧乏くさい理由では断じてありません。


氏名 深山(名不明)
年齢 不明
装備管理番号 36-2
所属 横浜市警察捜査一課
階級 巡査長

経歴
???? 陸上自警隊入隊
20?? 陸上自警隊退官(最終階級3級陸尉(サンキュウオカイ))
20?? 警察の採用試験を受験。
20?? 警察学校卒業。横浜市警察へ配属。
201? 巡査長へ昇任。

陸上自警隊では、空から布と紐と己の体を使った荒業で降下することを主任務とした部隊に配属されており、偵察任務を得意とする。
小隊長を経験するが、とある器物破損事件にかかわったとして依願退職。ヤったかヤってないかの真偽は不明。
噂によると、自警隊に愛想が尽きてわざとヤったらしいが、ほぼすべてが不明。
民事・刑事などの訴訟に上がることもなく、単にクビになるだけの処分を食らって出てきたということになる。
元同僚・後輩・先輩等はこの件に関して一切口を割らない。

自警隊を出た後、まじめな性格は一変。
規則は平気で破る。任務完遂のためには多少乱暴なこともやるといった暴れっぷり。何がそうさせたのかはわからない。

装備の組み方の癖としては、「使いやすく、手頃で手に入りやすい物を使う。あればあるものを使う。」
装備の中には、自警隊にいたころに使っていたポーチ類も含まれている。深山曰く、「捨てるのも忍びないから」。
拳銃はオートより回転式拳銃を好んで使用するが、特にこだわりはなく、「当たる気がするだろうが」というのは深山の言葉である。

捜査一課の中では、銃撃によって負傷した仲間を助ける衛生の役を買っているが、潜入・偵察がもともと得意であることから、ごくまれに状況把握任務や監視任務につくこともある。


ここまでが、今のところ考えている僕演じる「深山」のキャラクターです。
ちなみに、深山というのはみむから1文字、本名から1文字です。装備の管理番号の36-2はみむ‐二番煎じってことw

いやぁひっさしぶりに創作活動をしているような気がしますよw










  
タグ :ハマポリ

Posted by みむ@にっしー at 17:02Comments(0)BreakMaking

2015年12月28日

コレクション管理の悩み


みなさんこんばんは。
先日、Vショーで手に入れました戦利品を紹介したいところなのですが、まだ仕事場に近いほうの住処にいますのでできません!ごめんなさい。でも、僕の手に入れた物なんかいちいち紹介しても誰得なんだろうって感じですけどね。
僕は、他人の戦利品画像とか見るの好きなんですけどねw

さて、上の写真はぼくんちのVショー後の屋根裏の画像です。

実に汚い。

そりゃそうです、整理する時間もなく手に入れた物は仕方なく屋根裏に置いてきただけですからね。

しかも、コレクション自体がたまりすぎて収納もうまくできてない、何がいくつどこにあるのかまったくわからんという問題が出てきました。
収納ケースに服を入れすぎて、棚が歪んでるのがわかるでしょうかw

これではいかん。写真すら撮ってない。せめて物の把握位できてないようではいかん。



…と思ったみむは、少しだけかじったExcelのスキルを活かして管理リストを作ることにしたのです。

しかし。

とりあえず手元にあるものをリストにしようと思い立ち、考えられる項目を作ってリストにしたのはいいのですが、問題がまたいくつか浮上しました。

タイ王国陸軍デジタル迷彩

って書くと結構長くないですか?
マルチカムならマルチカムでいいですし、米陸軍とかはわかりやすくUCPという略まで作っているわけです。非常にうらやましい。
別に「タイ陸デジ」でもいいのでしょうが、口に出して見ると「たいりくでじ」ですから、ん?中国のデジタル迷彩かな?とか紛らわしいわけです。


結局何が言いたいんだお前はと怒られそうなので、ここらで本題を。
「タイ陸デジに新しい名前を付けよう」
と考えたわけです。こればっかりはもう身勝手でもなんでもいい、僕が呼びやすければいいんです。

何か良いアイデアがあれば、コメントにお寄せいただくかもしくはTwitterの@mimtch_thまでリプライお願いします。
ポイントは、「呼びやすくて、わかりやすくて、親しみやすい」やつ。米軍のMARPATとか完璧ですよね、あんな感じです。



今のところは、Twitterでダラダラと考えてみた結果、

タイ王国陸軍PXデジタル=RTA-PX-DG
タイ王国陸軍官品デジタル=RTA-GV-DG
タイ王国海兵隊PXデジタル=RTMC-PX-DG
タイ王国海兵隊官品デジタル=RTMC-GV-DG
タイ王国空軍レッドパターンデジタル=RTAF-RE-DG
タイ王国空軍ブルーパターンデジタル=RTAF-BL-DG

のような感じで、○○○○-△△-◇◇のパターンで行こうかと思ってます。
○が、使用部隊区分。△が、パターンの内容、細目など。◇が、パターンの種類にしようと思っています。
一応はこれなら、皆様に広まるかどうかは別としてデータ処理はしやすい。

完璧に自己満足の記事でもうしわけありません。次回こそ、戦利品紹介ですw
  
Posted by みむ@にっしー at 14:59Comments(0)Making

2013年08月08日

Tokyo Marui VSR10

みなさんこんにちは、またもブログを放っておいてしまいました。たくさんのコメント、閲覧ありがとうございます。
コメントに関しましては後程返信いたします。

さて今日は、ボルトアクションライフルの傑作、マルイ社製VSR10についての記事を書きたいと思います。

実は先日、チームの仲間よりVSR10をいただきました。PDIのパーツがモリモリしてあるちょっとお値段が言えないカスタムが組んであるもので、こんなものをいただいてしまってよかったのだろうかという気持ちが今でもあります。

さて、中身の話は本筋ではありません。

外身の話ですw
私と言えばAK47等の木製に見せかけたやっすいプラスチックのパーツを見ると木製偽装加工しなくては気が済まないことで有名ですが(ぇ)、今度もやってしまいました。



元は黒いストックです。
それが

こうなりました

実は、制作過程の写真をとっておらず、いきなり完成品の写真なのですが、一応作り方だけは紹介しておきます。

まず、黒いストックを50~100番くらいの荒いヤスリで荒らしてください。棒ヤスリを平行にしてガリガリやってやるのもいいと思います。木の表面をよくみて大体どんな感じかなっていうのを想像してやってみるのもよいと思います。私は木製のストック画像を検索してそれを見ながらやりました。

塗装ですが、僕は適当なスプレーをホームセンターで買ってきて塗りました。本格派のみなさんはプラモデル用のスプレー等を使うといいと思います。
とにかく、目指す物に近い色を選択しましょう。スナイパー用に兵士がカスタムしているような色にしたいときは緑なんかも混ぜていいでしょう。そういう時はヤスリがけもいらないと思います。
僕が何を目指したかと言いますと、猟銃です。

木の表面の色がうまく作れたら、次は模様です。木には年輪というものがございますが、それを表現したかったわけです。
百均の黒い靴クリームを買ってきましょう。靴墨ではなく、液状で、ボトルの先にスポンジがついてるやつがやりやすいです。

初めてやったのはAK47S(これもいただきもの)のハンドガードでしたが、わりとうまくいくもんです。


それから、今日はもう一つ、告知があります。

これは先日のサバゲでカンボジア陸軍の格好をして遊んでた時の写真ですが、こちらのフィールド、戦グループの「戦国」が完成いたしました!

正確にはまだ完成というかこの時はプレオープンだったのですが、これから定例会や貸切の受付も始まると思います。
後日このフィールドのレポも書きます。お楽しみに!  
Posted by みむ@にっしー at 11:57Comments(0)Making

2012年12月30日

パステルでウェザリング

みなさんこんばんは。
ひさしぶりの更新ですね。おそらく年内最後かと思われます。

みなさんはウェザリングって言葉を知ってますか?
英語でweathering、と表記しますが、もともとの意味は「風化」です。
ただし、これが模型という分野での専門用語となると、「汚し」技法のことになります。

ガンプラとかを作っていても、整形色だとどうも真新しすぎて臨場感がでない、と感じたこと、あると思います。
そこで、砂や粉を使うことでわざと汚してやる、ということを考えたのが、ウェザリングとなるのです。

まぁ説明はこのくらいにしまして。

これは私がガンプラ作ってた時に知った技法なんですが、パステルを粉末状に削って汚すという方法があります。

こちら、メーカーはNOUBEL(ヌーベル)さんの、カレーパステル6色セットAというものです。
画材店で簡単にお安く手に入ります。値段は400円くらいだったかな?

これを、茶こしや網状のヤスリで削ってやることによって粉末状にします。

こんな感じに。灰皿にかかってる白い棒は筆です。

筆に少量粉末を取り、汚したい物の上でトントンと筆を叩きます。コツは、ムラにならないように叩くこと。
一か所にまとまっていても、ついた泥を手でこすったような質感になりますが、砂埃をかぶったような見た目にするにはムラをあんまりつけないことが大事です。


どうでしょう、見事アフガン帰りのような質感になってませんか?w


緑系ナイロンへの汚し。


プリックも。


プラスチック製品は、結構いい感じの質感がでます。特に、溝があると溝に入った砂のようになってGoodです。

調べてみると、結構ウェザリングやってる人いるみたいで、ミリタリーショップWARRIORSのMark.さんもとの粉を使ってウェザリングをしているようです。
ただ、との粉だと色が一色なので、赤っぽい土とかに調節したいなーと思ったら、パステルがおすすめ。

最後に注意です。
あくまで砂埃をかぶったような、とか砂がついたような、という質感出しのための技法であり、泥がついたような汚し方ではありません。土の塊がついたようなウェザリングのやり方は知りませんので、あしからず。
雨の日に装備着用して山入ればいいんじゃないかな・・・。

そして、この技法では結構粉塵が出ますので、マスクを着用してやるようにしてください。結構飛びます。

また、この技法によって精密機械部分に汚れが入って壊れた、とか言われても「しらねーよ」としか言えません。
あくまで自己責任でお願いしますね。  
Posted by みむ@にっしー at 05:15Comments(0)Making

2012年08月09日

東京マルイ コルト MKⅣ シリーズ'70

みなさんこんにちは。
お小遣いが入ってきたので、マルガバ買ってしまいましたw ずっと欲しかったんだこれ。
ただし、ミリガバではなくシリーズ’70です。メダリオン入ってます。

全貌。もうお察しのいい方は気づいたと思います。

どうしてトイガンの紹介なのにカテゴリーが作成中なのか。

オラガバ作っていきますよ。

ベースがこれなだけで、このまま満足するつもりはありません。
とりあえずは、パーツを買わなくてもできる改造・カスタムをもうしてしまいました。
・グリップ、トリガーガードへのステッピング加工(半田ごて使用
・スライド前方にセレーション追加(半田ごて使用
・マグウェルの拡大(やすり使用


わかるでしょうか、拡大してあるので隙間があります。ステッピングもつけてあります。初めてだった割には成功したかなと思ってます。
・グリップパネルを削ってマグキャッチへのアクセスをしやすいように(やすり使用

・サイトへドット入れ(塗料使用

こんなところでしょうか。スライドは替える予定ですので、とりあえずはこのままですが、これからパーツ追加でカスタムしたい内容としては、
・エドブラウンタイプのサムセーフティへ変更(アンビ化はしません
・ウィルソンタイプ等、穴あきタイプのハンマーへ変更
・3ホールトリガーの導入(色は黒がいいかなぁ・・・

ウィルソンタイプの拡張スライドストップの導入
・ネジ切ってあるアウターバレルの導入
・木グリ導入

・トリジコン系のドット入りサイティングデバイスの導入
・各パーツの磨き、ポリッシュ等の手入れ
こんなところでしょうか。
赤文字は優先事項です。え?機能?いやいや、趣味です。

磨きってのは、スライドストップのことなんですけど、なんというかモッサリしてるんですよね、今の動きが。気のせいかなぁ・・・。

何年かかることやらわかりませんが、パーツ揃ったらまず自分で組んでみて、相性が悪い、とか自分で対処できそうもないところはガンスミスさんを探して相談しようと思います。一人心当たりはいるんですがw

こうして、また一人ガバ沼に沈む者が現れるのであった。  
Posted by みむ@にっしー at 23:06Comments(0)Making

2012年04月22日

作成中①

みなさんこんにちは。
関東では天気の悪い日が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。
さて、Combat Zone Kyotoさんで開かれるイベント、JOINT-F.T.X.が今週末に迫りましたね。
どうやら、参加枠で「自衛隊枠」が追加されたようで、ゲリラ枠の暫定人数より多いとか。

ゲリラチーム大丈夫かこれ・・・?ww

さて、今日は、いつもお世話になっているビッキー池田さんから、こんな写真もあるよと教えていただきました。


米軍もからんだ演習のようですが、右二人と左手前にちょっとだけ写ってる方、タイ海軍の方の様子。

この写真の、一番右の方のコスができそうなので、腕章を鋭意作成中であります。と言っても、すぐできそうですから、近いうちにうpできそうです。

ちなみに、腕章部分はすでに出来上がっており、あとは赤十字を付けるだけとなっております。


(ミシン使い方難しくてびっくり・・・)  

Posted by みむ@にっしー at 15:43Comments(0)Making