スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年01月25日

Thailand New Webbing Equipments part3


皆さんこんばんは。春から陸士候補になる予定です、みむです。しばらくこのブログも更新が滞るかもしれません。
まさか自分でもここまで伸びるとは思ってませんでしたが、なんとか試験に合格することができました。
余裕ができたら現状報告に戻ってきますので、これからもよろしくお願いいたします。

とはいえ、まだまだ書きたいこともありますので、3月まではまだ更新を続けますよー。

今日は、前回の予告の通り僕の持つ最後の官給品を紹介です。あれ?靴下とか紹介したっけな・・・。まぁいいや。
冒頭の写真をいつも何にするか迷うんですが、大体は「紹介する物、もしくは紹介する物に似てる物が写ってる写真」を貼ります。
なので、前回はあの写真になってるわけです。
ところが、今回は紹介したい物が写ってる写真がない!FNG御用達のダッフルバッグですが、そもそもFNGが写真を上げようとしていない!
FNGって何?って人はググってください。

今回は非常に迷った結果、FNG御用達のダッフルバッグ+軍隊をイメージするブーツとM1ヘルメット、タイ軍を象徴するHK33を添えてみたわけです。
軍装品ブログを描いている人は、こういう悩みもあるんですよw

ダッフルバッグってなあに?って人はさすがにこのブログ見てないと思いますが、軍人が支給される洋服とかその他もろもろ生活用品を入れる袋のことですね。戦闘用品以外を入れます。今でこそ好きな人は使うと思いますが、もともと軍隊で採用されたバッグです。
タイ軍でもそれは例外ではなく、新兵はまずこれを支給され、自分の持ち物をこれに入れて運ぶようです。

米軍のタイプを参考に話をしますと、WW2をはじめベトナム戦争映画でも出演(笑)している肩に背負うショルダーストラップがついているタイプが有名でしょうか。補強の仕方やポケットの位置等、細かい修正点はあったものの、ずーっと同じ形で使われていました。
70年台からは、ショルダーストラップが2本になり、材質もコットンからナイロンへとどんどん変わっていきます。
背負いやすくなり、この時代からはショルダーストラップは2本になって行ったようです。


現在タイ軍で支給されている最新型のダッフルバッグも、材質はナイロン、ショルダーストラップは2本です。ちなみに、90年台に支給されていた物は材質こそナイロンですが、ショルダーストラップは1本であったことの確認が取れてます。というか93年の物を持っています。


Vショーの手伝い経験から、バッグを膨らませるのに戦闘服や装備を使いました。中には、一般的な戦闘服上下が10着程度、キャンティーンが6つ、ウェビング装備が1式入っています。自立してはいますが真ん中で折れていますよね?まだまだ余裕があるということです。

光の加減でトーボーマークの印刷がかすれて見えますが、ナイロンの隙間にインクが入ってしまっているだけで、正面から見ると綺麗なトーボーマークに見えます。


閉じ方は普通のダッフルバッグと変わってません。おそらく今後変わることはないんでしょうね・・・。

こう見ると、米軍の2000年入ってからの物や、もうちょっとだけ前の物を参考に作られているようですね。
生産ロットは2009年でした。

軍装サバゲーする人は、あったらまぁいいかな、程度の物です。正直アリスパックがあれば問題はないような気がします。
現に、撮影のために物入れたのが初めて使ったタイミングですw

さて、ここまで官給品の数々を紹介してきました。次回は、同じ題名のPart4で手に入れたほうがいい優先度なんかを紹介しておこうかと思います。以外と最近某ショップから出てますので、ヤフオクでタイ軍をアラートに入れておくことをオススメします。



  

Posted by みむ@にっしー at 18:00Comments(0)┣Thailand  └Army

2015年01月23日

Thailand New Webbing Equipments part2


この写真の一番手前の人、おそらく最新の官給品で体を固めてますね、うらやましい。QuaterMaster、すなわち補給科のサイトにある官給品一覧のPDFを見る感じだと、手前の人の右足についているホルスターも官給品です。

さぁ今日は予告通り前回の続きです。今日の朝、人生でも最重要なイベントが待っており、寝られないので更新しますw

念願かなって手に入れたHハーネスです!!
ベルトは以前も紹介したと思うので敢えて言いませんが、手に入れた時から「なぜサスと繋げるD環が6個あるのか・・・?」というのがようやく解決しました。


前が片方につき2又に分かれてるんですよね、これ。しっかりトーボーマークも入っております。物自体は、確か2013年物です。
ちょこちょこ使用例はあったのですが、これだけは手に入らねえなぁ・・・と焼き鳥先輩と悩んでいたのですが、某所から格安で出ました。


フィールドパックです。これも、QMのPDFの中に含まれておりました。中にはたくさんポケットがあり、追い紐があったら普段使いしたいくらい便利です。


フックがついており、サスペンダー側のD環と接続することができます。


こんな具合に。まぁ使用例がないので人気がないんでしょうけど・・・。


次は、メスキットです。箸やスプーン、フォークはついてません。別運搬ですかね。見た目・質感は非常にゴツゴツしており、細部まで縫製が行き届いています。ここ必要か・・・?ってところもベルクロついてますw


後ろはストラップです。おなじみですね。


本体外見。一般的な飯盒です。ですが中身は・・・?


なんと、オカズ入れるところが2つにわかれています!イエローカレーとレッドカレーを一緒に食べることができるお得仕様!これにはタイ軍クラスタみんな大喜びですw


2009年製。

さて、今回までで一応ウェビングは終わりです。あともう一つだけ、紹介すべき最新官給品がありまして、なんてことはないダッフルバッグなのですが、写真を撮り忘れてしまったため、次回に回します。  

Posted by みむ@にっしー at 02:38Comments(2)┣Thailand  └Army

2015年01月20日

Thailand New Webbing Equipments part1



最新と思われるウェビングがだんだん充実してきましたので、そろそろ写真を撮って解説をしておきたいと思います。
書いてる時のテンションが低く、俗にいう不機嫌状態なので、前置きもそこそこに、写真ベタベタ貼って解説gdgdで書いていきます。


これが僕のお気に入りの組み方なんですが、写っている物からサスペンダーとベルト以外をピックアップします。サスペンダーは新しく入手しましたが、テンションあがってる時に書きたいので今日は書きません。


サスの首の後ろにむりくり付けてるのがこれ、いわゆるEツールです。見ればわかりますが、折り畳み式です。ただ、旧型の3つ折りではなく、90度に折りたためばツルハシのようにも使える2つ折り仕様。ちなみに、ソ連物のように木に刺さるかはやったことないのでわかりませんが、そこそこガッチリしていて刺さるかもしれません。スコップで人殺そうとか現代で思いつく人いないか。


裏面です。今や世界中で採用されているPouch attachment ladder system・・・かと思いきや、別にそうではなさそうです。
ベルトに着けることと、PALS装備に着けること両方を考えて作られたのかは知りませんが、そうとしか思えないストラップがついています。
現在タイ陸軍QMから兵士に支給されている官給品は、段々とこのストラップの物に替えられて行くのだと思います。

ちなみに、私みむ、未だにどうやってベルトに付ければいいのかわかってません。一応こうすれば固定はできるねってつけ方を発見したのでそうやって付けてはいますが。


2QTキャンティーンです。米軍の2QTキャンティーンを持っていたことがないので、正確に2クォート入るのかはわかりませんが、新品だったので実用してみたところ、そのくらいは入りそうです。使い勝手は悪いです。


裏面。ストラップがついています。


どうしてこうもタイ陸軍装備は緑ばっかりなのかわかりませんが、本体も緑です。
どうもこの緑色単色というのはタイ陸軍を象徴する色なのかもしれないなぁという気分になってきました。そのくらい、タイの官給品は緑です。
尚、この水筒本体は民間企業の製品かもしれません。というのは、官給品なら必ず入っているはずの刻印やスタンプが一切ありません。トーボーマークも入ってませんでした。
僕は運よく確保できましたが、この水筒持ってるだけで装備の幅が広がりますので、見かけたら一個は押さえておくべきだと思いますね。


持ってる装備で一番新しい。何と2014年製です。ラベルの読み方については、過去ログをご覧くださいませ。


何を持ってして主役とするのかは論議の分かれるところでしょうが、僕の考える「戦闘の主役」はコイツだと思ってます。15年1月20日現在、ヤフオクに2個セットが出てますので、確保できる方はしておくべし。
やっぱり固定用ストラップがついてます。ちなみに、固定が甘いと外れて落ちます。一回CIMAXで落としたことがあります。
固定方法についてですが、また別記事にしたいと思います。


中の写真を撮るの忘れましたが、中には間仕切りがあり、STANAGマグなどが3本入るようになっています。
また、写真を見ればわかると思いますが、調節すれば大きなマガジンも入る仕様です。おそらくタイ軍が好むHK33の40連マガジンを意識した作りなのだと思います。右が今STANAG用に調整してあるもの。左がいっぱいに伸ばした仕様。


写真を撮り溜めしておいたものはここまで。

次回は、メスキットとかベルトとかサスペンダーとか。以下、追記にて愚痴。


  続きを読む

Posted by みむ@にっしー at 03:58Comments(0)┣Thailand  └Army

2015年01月19日

Royal Thai Army Boots


こんばんはー、最近研究室に泊まり込みで卒論作業を進めたら0.5kgほど再太りしたみむです。お菓子食べるじゃんだって・・・

さて、今日は冒頭の写真の通り「靴」の話ですよ。靴に金をあんまりかけなかったみむがようやく5000円以上の金を出して買ったのが4年前のタイ製ブーツでした。その次はメレルの靴だったんだけどね。

んで、今回はもっと安くてもっといいブーツです。なんせ現用のタイ軍の官給ブーツですからね。

こちら!



こら!そこ!どっかで見たことあるとか言わない!!!

でも正真正銘タイ軍のブーツですよ。
入手したきっかけは某氏にメールをいただいたこと。「今タイにいるんですけど、タイ軍の新型ブーツ手に入りますよ。どうします?」とのことで、すぐに飛びつきました。
お値段も手ごろでしたが、届いてガッカリ系ではなかったというのが驚き。きちんとしたブーツです。


先日、最新フル装備でゲームしてきたんで(戦国さんにて)、一応使用したレビューもできます。

一日履いてみると、インナーソールが毛羽立ちます。これはまぁ変えれば済む話なんで、安く入手できた税金と思って国産インナーソール買います・・・。

あともう一つガッカリポイントを上げると、紐が硬いので紐を通しているうちにねじれてきて使いにくいというところでしょうか。他は問題なく履けました。


外側です。通気性よさそうな布張り。


内側です。
やっぱり造りがどっかで見たことありますね・・・w


足の甲の部分3つより上のスネ部分からは、このようなD環で通すようになります。クルクル回ります。


きちんとタイ軍品だという証拠も映しておかないといけませんね。2012年製。なんだ、最新でもないじゃないか・・・w


届いてすぐに写真を撮らなかったので汚れてますが、きちんと「トーボーマーク」も入ってます。トーボーマークってのは陸軍の頭文字、トーとボーのマークという意味です。陸軍の官給品には全て刻印やスタンプが押してあります。


大きいのでクリックして拡大してください↑
使用例もう一つです。右の人が履いてるやつですね。左の人は旧型。

冒頭の写真も全体図を貼っておきましょう。

さて、気づいた方もいると思いますがこのブーツ、2014年クーデターで使用例があるんです。
また一つ、理想に近づきました。


戦国でのサバゲの写真で使っている新型ウェビング、の話はまた今度。




  

Posted by みむ@にっしー at 00:26Comments(0)┣Thailand  └Army

2015年01月15日

Made in Philippine HOLSTER


みなさんこんばんは。手に入れた物をいつまでも紹介せずにため込んでいた結果・・・


東南アジアコレクションが5か国になりました!左からベトナム・インドネシア・フィリピン・カンボジア・タイです。いやぁ、これで残すはマレーシア・シンガポール・ラオス・東ティモール・ブルネイダルサラーム・ミャンマーですね。シンガポールは現状アテがあるのでいいんですが、残りの国の難易度が高すぎる。特にラオス、東ティモール、ブルネイの3か国はアテもないし放出される保障もない、難易度激高です。

 さて、今日はそんな東南アジアの諸島国、フィリピンからタクティカルギアの紹介です。とはいっても、何かのレプリカなんじゃないか?と思われても仕方ないナイロンの塊です。


 ホルスターです!冒頭の写真はPNP-SAFの写真ですが、レッグホルスターが同じ物ということに気づきましたか?
 冒頭の写真ではM9らしき物が刺さっていますが、僕はガバを差してみました。調節の幅が割と広く、M9は使用例があるのでもちろんの事、みむの手持ちではガバとグロックが刺さりました。割と何でも行けるかもしれませんね。


 カイデックス品と違って、確実な保持の難しいナイロンですが、二重三重のロックで確実な保持を目指しています。レッグバンドの内側にズレ防止のゴム張りはありませんが、バンド2本で揺れを防ぎます(実践投入したことないのでまだわかりませんが・・・)。


 ナイロンホルスターに必ず使いにくいマグポケットがついてますが、なんとこのホルスターはマグポケット、3つもついてます!このことから、僕は勝手にミツポケホルスターと呼んでます。


PH-SEALでも使ってるっぽいので、そのうち目指してみようかと思ってます。尚、若干古い柄ではありますが同柄で縦縞のタイガーは入手済みです。
  

Posted by みむ@にっしー at 00:45Comments(0)Philippines

2015年01月14日

Forest Guard New Camo !!


 みなさんこんばんは。珍しく、週に2回目の更新です。前回はタクティカルな軍隊の記事でしたね。
 今回は、タイの広大な森を守るために活躍するパークレンジャー、森林警備隊のお話しです。

 おかげ様で、前回の記事(見てない方は見にくい文章ですが是非見てみてください。タイの天然資源および環境省についての僕の考察が書いてあります)もタイに住んでる人に認めてもらえましたので、それ前提で話を続けさせてもらいます。
 
 タイの天然資源・環境省には森林局という部署が存在します。この部署に、2014年2月に新しい迷彩がきたようです。タイ語が読めないので採用されたのか、試験的なものなのかは不明ですが、とにかく今から1年近く前には新しい迷彩が来てたというのは事実のようです。
 
 このことについて、いち早く情報をキャッチしたのはタイ友達のイカさんでした。こりゃ負けてらんねぇと僕も調べはじめ、採用時期まではつかむことができました。

 冒頭の写真が、その新迷彩です。コミカルな前の迷彩から一新、イカさんが岩海苔迷彩と呼ぶのも頷けるくらい緑になってしまっております。
 偶然か、背後に旧迷彩の隊員も写っているので比較しやすいでしょうか。
 
 さぁ、私物で比較してみましょう。

 こちら、左側が旧迷彩です。



早速ゲットしちゃいました

旧迷彩と比較すると、シカや鳥のような「動物」のマークが消え、葉や木の幹等の「森林」の意味合いが強くなったようですね。国立公園・野生動物・植物局というお隣の部署と区分けをしたかったのか?と考えております。尚、国立公園・野生動物・植物局のタイ語訳で検索してみたところ、一枚も新迷彩の画像が出てきませんでしたので、その可能性もありそうです。

タイの新迷彩をしばらく手に入れてませんでしたので、今回の入手物はいい刺激になりました。
面白い迷彩だと思います。森林局は銃を積極的に握る部署ではありませんので、サバゲなんかには着ないと思いますが、一つのコレクション、ですねw
  

Posted by みむ@にっしー at 02:25Comments(0)┣Thailand  └Ministry of Nature

2015年01月13日

3rd special force regiment ?


明けましておめでとうございます!本年も、筆不精なみむをよろしくお願いします。

さて、新年一発目の記事ですが、ちょうどいいと言いますか、コメントで情報が寄せられましたので特殊部隊関連の記事を書いてみようかと思っております。



こちらの動画は、Youtubeに上がっているタイのニュースの映像です。グロをそのまま雑誌に載せることで有名なタイですが、映像にはしっかりモザイクがかかっておりますので、タイ陸SFに興味のある方は是非見てみてくださいね。

装備が米軍や米FBIの家探し部隊と装備がほとんど一緒ではないか!と思ったのは僕だけではないはず。
こちらの動画、コメントにてhimu_705さんより情報が寄せられました。本当に感謝感激です。

部隊もハッキリしております、第3特殊作戦連隊の対テロ部隊だそうで、今まで特殊部隊だと信じていた写真ももしかしたら、ここ所属なのかもしれませんね。

自分で調べることを怠り、人からの情報に頼ってしまっておりますが。今年も楽しくやっていければなぁと思っております。

一応、社会人となり、なかなか表に出てこれない職業につく可能性もありますので、軍装は一旦停止になるかもしれませんが、このブログは荒れない限り残しておき、気が向いたときにまた更新しにきますのでご愛顧いただければと思っております。
一か月に一遍、更新できればいいなぁ・・・  

Posted by みむ@にっしー at 02:21Comments(0)┣Thailand  └Army  └SpecialForces