スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年10月02日

ドイツ連邦軍 戦闘服 兵科章・肩章・ネームタグ

みなさんこんばんは。
ちょっと気が向いたので、ドイツ連邦軍の戦闘服を紹介します。
ちなみに、以前も紹介したことのあるものですが、記章類を付けたあとのものです。

それから、過去紹介した記事もちょくちょく訂正いれました。よろしければ参照いただければと思います。



肩章は下士官候補上等兵士の物。
階級をどのくらいにしようかとても迷ったのですが、誰もやってないようなのにしました。ちょっと上すぎるかな・・・。

それから、ついてる緑色のリボンは、兵科章です。緑色は歩兵科の物。

階級章ですが、今海外に派遣されてる部隊とかは、米軍のように真ん中に着けたり、上腕部のベルクロにつけたりっていう例も多いようです。

これはフレックタンではなくトロペンタン迷彩ですが、わかりにくいかな、肩エポレットに階級章が通っており、歩兵科の兵科章を通してあります。


ネームプレートです。
シュタインへーファーさんのもの。つけ方これであってんのかな・・・  
Posted by みむ@にっしー at 11:31Comments(1)┣Germany

2012年01月15日

ドイツ軍フレックターンその他

みなさんこんにちは。さっさとドイツ軍のあれこれを載せろよっていう声が出たので、今日はドイツ物ですよ。
ですがその前に・・・。

前回投稿しましたタイ軍海兵隊についてコメントをいただけました。ありがとうございます。
タイ軍海兵隊については、タクティカルなベストや、「これどこのや・・・?」ってものもありますので、一言「優遇されてないのかもしれない」とは言えないところがあります。

見てもらえればわかりますけど、ウェビング系の装備をつけてますし、銃もM16A2のカービンモデルを使っているようです。M7〇〇系の銃ですね。
ヘルメットはPASGTと、タイ軍内ではポピュラー(?)なヘルメットなので、遅れてる、優遇されてないとは言えないかもしれません。

実態がどうなのかは本国で確かめないといけないわけですが・・・。
いずれにせよ、コメントいただけたのはうれしいことです。通りすがりさん、ありがとうございます!

2012年10月2日追記
タイ軍海兵隊は、ウッドランドもしくはデジタルウッドランドにALICE LC-2ハーネス装備、またはTLBVという組み合わせが多いです。
むしろ一般部隊はそちらが大半かと。
なので、上の写真はイレギュラーな部隊でした。知識のないころの記事とはいえ、ちょっとずれたことを書いてしまいました。お詫びいたします。
ちなみに、どういった部隊かといいますと、水陸両用偵察部隊といったところです。米国フォースリーコンみたいなものです。


さて、気を取り直してドイツ軍迷彩服に移らせていただきますよ。

  続きを読む

Posted by みむ@にっしー at 21:49Comments(2)┣Germany