スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年02月22日

CVC2019 setup


やれって言われてるような気がしてやりました。反省なんてしてるわけないじゃないですか。彼はなんであの格好であそこへいったのか・・・

あ、こんばんは、みむです。
CVCのセットアップを見直して、フル装備一歩手前くらいまで装着してみました。
こちら


今までラペリンググローブは分厚い皮のこれ↓

を下げていたのですが、たまたま東京のさかいやスポーツさんにいったらPETZLのコーデックスが売っていたので、切り替えました。

分厚い皮のラペリンググローブは分厚いが故に使いにくかったりするのですが、コーデックスは擦れる部分は分厚くなっており、そうでない部分はほどほどに、と言った感じです。これでサバゲできそうなかんじ。
登山用品店に売ってます。

あとは5~6本サイリュームつけてみました。IRの紫色のやつ(ダミー)といわゆる商品名がサイリュームのやつです。
他に変わったところは特にないので、背面に映ります。


背面です。カラビナとかをちゃらちゃらつけてみました。小物がまだ全然ないのでこれから先頑張って集めたいなというところではあります。
ロープを付けたのは正解だったと思います。ラペリングロープの常識からするとやや細すぎるのですが、こればかりは高価ですので、足踏み中です。

PJで着用しているのかどうかまだわかっていないCVC2019ですが、これから先の展望が楽しみですね。  

Posted by みむ@にっしー at 01:44Comments(0)  └Tactical Gear

2014年02月20日

What is this armour ???

Saberさんありがとうございます!!!!!!

とお礼から入ります2月20日、皆様いかがお過ごしでしょうか、みむです。
先日、CVC2019の一部を写真として投稿しまして(こちら)、その際に「使用例がなくて困ってる」とクレクレ厨顔負けの発言をしたみむです。

なんと、中野レイジーキャットで出会い、PJの話題で盛り上がり、「ではまたどこかで」と別れたあとにSEALiONで再会するという奇跡の出会い方をしたSaberさんが写真をお持ちとのことで、見せてもらいました。

こちら


2006年JTACの写真だそうです。僕の持ってるCVCはMSAに買収された後のMSAParacleteのものですが、MSAに買収される前のいわゆるpreMSA時代も、MOLLE付きCVCは作られております。
関係があるかはわかりませんが、MSAと併合したのが2006年だそうです。偶然かな?

とにかく、Paraclete自体pre、MSA、PPEと複雑な経歴がありますので多少形が変わっても仕方ないですし、近い形の違うアーマーだってあるはず。
当たらずとも遠からずと言ったところなのではないでしょうか。

以下、私物の紹介。

また布団の上で写真撮っちゃったよ。後で恥ずかしくなるんだからやめときゃいいのに、場所がないんだから仕方がない。
先ほどのJTACの写真だと、後ろにプラパーツがあり、後ろから前に折り返すように肩バンドが作られております。
しかし、CVC2019(MSA Paraclete)だと前にプラパーツがあり、後方へ折り返すようになっています。僕のはサイズMediumです。

ネック部分はM字になっており、下が向きやすいです。おしっこするときに便利。

カマーバンドはRMV等と同等のシステムになっております。私このシステム初めて触ったのですが、結構めんどくさいですね。丁度真ん中にきちんと閉じる簡単な方法は無い物でしょうか・・・。


バックです。RMVのようにバックパネルシステムはついてません。サイズ調節方法がまたややこしく、初めて触った時は結構困惑しました。なれると結構スムーズにできるようになりますが、マイナスドライバーが必須ですw

アーマーは、ソフトアーマー、プレートが入ります。

国内バイヤーでも結構仕入れてるところがあるようです。見た感じ、WARRIORSさん、キャンプビッキーさん、SEALiONさん等。どこも、使用例が一切紹介されてません。

一応、SGの使用例?はあります。

デルタの写真らしいですが、右から2番目のおじさんがおそらくSGのそれ。

他にも似たアーマー使ってる人もいますが、一目で別物とわかるので割愛。

今何が欲しい?と言われたら、お金と答えた次にCVCの使用例が欲しい。


最後に、画像を貼ってくださったSaberさん、ご協力ありがとうございます。
使用例があるならケチらず趣味人同士共有したらいいんです!w  
Posted by みむ@にっしー at 02:49Comments(2)  └Tactical Gear

2014年02月15日

PJ's update


みなさんこんばんは、みむです。
四街道のいくさに復旧作業に行ってきました。なんというか、自然に対する畏怖というものを改めて体感させていただきました。主に膝と腰に。

さて、今日は僕のPJ装備に加えるべくやってきたポーチたちと、小物を写真に撮りましたので貼っていきますよ。
まず、冒頭の右側のグラサンイケメンがつけているマグポーチ。BAE ECLiPSE製のですね。

ってあれ・・・?これ、前に紹介したな。めっちゃ布団の上で撮影してたわ。めんごめんごwww

ってのは茶番で、単に持ってる画像の中で使用例を見つけたから貼ってみただけです。うれしくなりますね。

もう一個は、天下のPARACLETE(っていってもMSAに買収されたあとの)製、オープントップのシングルマグポーチ。

結構PJでの使用例があってうれしい。

こちら。3つ買いましたがセットアップの関係で今は2つしかつけてません。

え?みむさんはいつRMVなんか買ったんだって?


フッフッフ、RMVではないのだよ、使用例がなっかなか見つからんと評判のCVC2019なのだよ(使用例見かけた人いたらまじで教えてください、割と本気で

JPCを買った経験のあるみむからしたら案外安い買い物だったような気がします。

CVCは今度まとめて紹介します。


こちらも天下のPARACLETE(こっちはプレMSAのほう)、Medical Firing Systemポーチ。これがなかなかスグレモンです。なにせ一個のポーチで3つもポケットがありますからね。

使用例は空軍だけにおよばず、陸軍やレンジャーでもわんさか見かけます。CCTでも使用例があるとかないとかあるとか。
前面のゴムバンドには色々挟めます。重い物は無理ですが、サイリュームくらいなら行けるんじゃないですか。


こちらも(ry
ダブルピストルマガジンポーチです。これがなかなか使いやすいポーチなんですな。さすがナイロンの国アメリカ製です。
パラクレイトの製品は使い勝手良い物が多くて好印象です。取り付ける段階では不平タラタラなんですが。


ええ、またパラクです。プレMSAのパラク製1QTキャンティーンポーチです。PJやってんのに水がないとかwwwって草生やされるかもしれないと顔面蒼白になったみむは急いで(笑)仕入れました。ちなみに、ナルゲンボトルはまだ持ってないので昔の緑色のやつを入れてます。

ポーチはこんなもんです。前でも若干触れてますが、CVC2019を導入しましたので、後日紹介します。

最後にオマケです。

人を助けたり、ヘリへ収容したりするPJはロープワークが必須です。よく、腰にロープを束ねて使っている現職の写真を見かけます。
でも、懸垂降下用のザイルってPJ装備のアクセサリー集めてる人ならわかってくれると思いますがくっそ高いんです。ぶら下げてるだけの物に2万円弱かけるのは正直しんどい!(そういう世界だっつうの)
そこでオススメなのが、カインズホーム等のホームセンターのキャンプコーナーにある自由ロープです。400円ほどでいい色の物が売られています。

黒いカラビナとセーフティランヤードだけで寂しかった腰回りもこの通り、にぎやかになります。この写真では結び方失敗してますが、ちゃんと束ねるとそれなりに見えますので、腰回りが寂しいという方は是非試してみてくださいね。  

Posted by みむ@にっしー at 23:58Comments(3)  └Tactical Gear

2013年10月05日

PJ Equipment UPDATE

みなさんこんにちは。
天気がよかったりわるかったり、寒かったりでも日差しはきつかったりの毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、そろそろタイおじさんだと思われてる頃だと思うので、アメリカ空軍おじさんぶりも発揮しておこうと思います。


いくさ定例会にて。

この時に着用しているJPCもVショーを経て結構進化してますので、ご報告。

そこ、写真がヘタだとか言わないように。
BASE
Crye Jampable Plate Carrier
Front
ECLiPSE M-4 Double Mag pouch *2
Tactical Tailor Accessory pouchV1
BENCH MADE Seat belt cutter
Scissors Sheath(Tac-T & MSM)

Left side
ATS small medical pouch

Right side
TAC-T radio pouch
ATS large utility pouch

なんで両サイドATSで固めてんの?回し者なの?

いえ、偶然です。
でもそろそろタクティカルテイラーの回し者だと思われてもおかしくはないですね。割とガチで。あそこの製品は使い勝手いいのとデザインがいいので好きです。
アクセサリー類については数が多いので省略させていただきましたが、「あんまり戦わない人」とか「助けることに集中する人」を念頭に置いてるので医療品多目です。
ポーチの中もいわゆるアンコではなく放出品のガーゼとかスプリントとかモリモリです。

(使えない物を買うんじゃないよまったく)


さて、胴回りはこの辺にしておきまして、今日は背負いものも紹介します。多分まだ紹介したことないと思いますが、

こちら、North American Resucue ProductsのCombat Casualty Response Kitです。
いっぱいついてるポケットに医療品を入れ、本体部には折り畳み担架を入れます。これが品薄なのと値段がゴニョゴニョでまだ手に入ってなゴニョゴニョ。

で、面白いのがこれ、中古です。
各ポケットにPressure GauzeだのTourniquetsだのとか色々書いてあります。
こちら、個人が背負うのにももちろん、けが人イッパイなところに広げてほかのPJやメディック職でも使えるように書いた物だと思われます。自慢できる一品ではないでしょうか。ふんす。

今日はこんなところにしておきましょうか。
戦闘力低めなPJのお話しでした。  
Posted by みむ@にっしー at 17:17Comments(0)  └Tactical Gear

2013年04月19日

ATS Tactical medium utility pouch

みなさんこんにちは。
本日は、ATS社製のユーティリティポーチを紹介します。


3*4コマのMOLLEがついてます。よって前面には各種装備品を増設可能です(こういったポーチに増設してる人ってあんまりいないと思いますけど・・・

ところでATSと言えば

赤いテープが特徴的なメディカルポーチ:スモールのほうが有名でしょうか。僕も実はそっちのほうが欲しかったりするのですが、現在このポーチで妥協するに至っています。

メディカルポーチではないので、中にバンドやカラーリボン等はついてません。ただのポーチです。
ただまぁサバゲやってると特になんでもないポーチってのが結構便利なんですよね。はめてない手袋突っ込んだり、財布入れておいたり。セーフティエリアでは結構助けられた場面が多いかもです。ついてると装備の華やかさもUPしますし。


ATSのタグです。


MOLLE取り付けです。中に何も入れてないと、取り付けが結構楽ですね。

使用した感想ですが、やっぱりPJを目指すからにはメディカルポーチが何か欲しいところです。
と言ってもそれは見た目の話なので、ボリュームだけ出したいならこういったポーチでも大丈夫ですし、PJでもユーティリティポーチを付けてる人もいます。

PJと言えば、最近欲しいギアが増えてきましたね。
NARPのメディカルパックが格安で放出されたということで飛びついたのですが、NARPのサイト見に行ったらUSMC用でしかもビークル用って書いてあって「あぁ、そうなのか」と肩を落としたりしたので(使い勝手がものっそいいいので、後日紹介しますw)、TSSIのM9パックやミステリーランチの3Dayパックも気になるところですし、先ほど紹介したATSのメディポーチも欲しいところ。
すいません追記です。
どうやらNARPのバックパック、USMC用とかじゃなかったみたいです。形が全くいっしょなので勘違いしておりましたが、先ほど私が紹介したものは確かにUSMC Vehicle Medical Kit - Coyoteという製品ですが、よくよく手元の物をみたらタグに小さくWarrior Aid and Litter Kit (Bag Only) - Coyoteって書いてありました。ややこしいな全く・・・・。
なので、しばらくはこれ背負ってます。LITTERも早く欲しいですなふひひww

お金がいくらあってもすぐからっけつになる趣味です。  
Posted by みむ@にっしー at 08:15Comments(0)  └Tactical Gear

2013年04月13日

MSM Trauma Scissors Pouch

みなさんこんにちは。
本日は、メディカルギアの紹介です。

皆さんはリーシュという概念をご存知ですか?

Leash,すなわち何かが手から離れるのを防ぐ紐、と言った意味があるのですが、日本人にはあまりなじみのない言葉でしょうか(という僕も日本人ですが)。

サーフィン業界にはなじみ深い言葉らしいですが、ミリタリー業界にも最近浸透してきているのではないでしょうか。
NARPからトラウマシザーリーシュという製品がでており、色々なミリフォトで確認できていますね。

ただ、あの製品はちょっとお高い!あれがなくてもハサミを体に固定しておきたい!!

そういう時におすすめできるのが、こちら。

ミルスペックモンキー製、シザーポーチです。
ベルクロでハサミの柄を固定できる物で、かなり固く固定できます。

MOLLEへの固定はマリスクリップです。めんどくさいけど頑丈ですよね。

クランプも固定できます。

大きさ的に、ハンドガンのマグなどは入りません。  
Posted by みむ@にっしー at 13:49Comments(0)  └Tactical Gear

2013年04月12日

Tactical-tailor Modular Radio Pouch Lergesize

みなさんこんばんは。
あったかくなってきたかと思いきや急に寒くなったりで、非常に過ごしにくい毎日が続いております。お風邪など召しませんよう。

さて、今日はタイトルの通りTac-Tのラジオポーチを紹介します。

表面に大きくテイラーのロゴが。こんな使い方してる人いるの?って疑問も当然起こるでしょう。

なにが正しいというのはないと思いますが、こうやってロゴ部分のフラップを上部バンドにベルクロで着けることもできるので、こういった使い方もできます。
ただし、使用例としてPJの写真を上げますと、

ロゴを見せてる使い方の方が多いように感じます。

上にあげてる写真は、こんなものが見つかりました。

ウォーベルトを使っているようですね。いつか使ってみたい装備です。ATSとか色々なメーカーから出てるようですしね。


マリスクリップで固定します。  
Posted by みむ@にっしー at 01:18Comments(0)  └Tactical Gear

2013年04月10日

Jumpable Plate Carrier In detail

みなさんこんにちは。

今朝JPCを自慢紹介したばかりですが、その時は手を抜いて写真一枚だけの紹介でしたね。
今回は、細部の写真を撮影しましたのでそちらを紹介いたします。


前面です。胸部には3*4コマのMOLLE兼ベルクロがついてます。


カマーバンドです。カマーバンドの内側からサイドプレートポケットを取り付けることができます。
また、フロント部についているフロントキャリアアタッチメントにポケットのテープを通せばカマーバンドを通さずに取り付けることも可能です。僕はこっちのほうがカマーバンドにポーチ類を取り付けやすいのでそうやってつけてます。


背面です。カマーバンドはこのようにゴムバンドで調節をします。ゴムなので、ある程度動きやすい仕様。


肩バンドです。この骨抜きバンドはJPCの特徴的な部分でもありますよね。このバンドは中に金属が入っており、触った感じゴムっぽくてしなやかなのに絶対に切れないという仕様になっております。
肩パッドをめくるとこれも調節することができます。
レプリカだとこの部分が布になってるみたいで、銃が構えにくいなんて意見も聞きますが、ホンモノはとても構えやすいです。何よりストックが滑りません。


LBTの3連オープントップマグポーチを外した前面写真です。
この状態がデフォルトで、3連カンガルマグポーチになってます。

いかがでしたでしょうか、Crye製JPCの紹介。
本当はサイドプレートポケットをロングソフトアーマーキャリアーにしたかったんですが、ソフトアーマーどないすんねんというわけで今ではこっちの方が気に入ってます。

肉はダミーチキンプレートとスイマーカットダミープレートをいれてます。今度紹介しますー。  
Posted by みむ@にっしー at 16:27Comments(0)  └Tactical Gear

2013年04月10日

Jumpable Plate Carrier

みなさんこんにちは。
今日は久しぶりに大きい物の紹介になります。大きいと言っても大きさではなく値段が、ですが。

大きさは近年米軍などに見られる軽量化ブームに乗ってる感じの大きさ。



Crye Precition製 JPCです。

ホンモノですっ!(涙目

お値段は国内だと大体5~6万円ほどでしょうか。僕もそのくらいのお値段で購入しました。
色々ゴテゴテ付けちゃってますが、本来なら

ここまで小さくてスカスカです。

最大の特徴はわき腹に当たる部分ですよね。3本の細いウェビングがついています。これは背部で調整可能です。
写真付きで紹介したいのですが、今ゴテゴテ色々ついてしまってるので後日また裸の状態で紹介します。

アクセサリとしてはカマーバンド(って言えるのか・・・?)にCryePrecition製のサイドプレートポケット、前面MOLLEにLBT製3連オープントップマグポーチ、ベンチメイドのベルトカッター、左側にはパンタックのダンプポーチ、TAC-Tのラジオポーチ、右側にはATSのラージマルチポーチ、パッチ類はてけとーです。PJパッチだけはLBT製だったかな。

なんとなく、自慢ですw  
Posted by みむ@にっしー at 08:33Comments(0)  └Tactical Gear